スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50センチの超小型衛星開発、来夏打ち上げ 星の位置の変化観測(産経新聞)

 星の位置を正確に観測する超小型の天文衛星「ナノジャスミン」を国立天文台や東大などが開発し、ウクライナのロケットで来年8月に打ち上げることが決まった。天体の位置を観測する衛星は世界で2番目、日本では初めて。

 一辺が50センチの立方体で、重さ35キロの超小型サイズ。学生や若手研究者が中心になって開発した。開発費は約1億円で、学術研究と教育の目的を兼ねている。

 天文学の基礎となる星の位置は、銀河の回転や重力などの影響で少しずつ変化する。現在使われている位置情報は、欧州の大型衛星が19年前に観測したもので精度が悪化しており、最新データへの更新が求められている。

 ナノジャスミンは可視光線から近赤外線の波長領域で、8等級より明るい約20万個の星の位置を約3ミリ秒角の精度で観測。高性能の検出器を搭載し、低コストの小型衛星でありながら、大型衛星にほぼ匹敵する精度を実現したという。

 ロケットはウクライナの「サイクロン4」で、今回が初号機。ブラジル北東部の赤道直下にある発射場から打ち上げる。(長内洋介)

<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
<京都点滴混入事件>「特別な母親と見られ、居心地良かった」 公判で動機語る(毎日新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
JR水道橋駅で人身事故 中央・総武線の各駅停車で一時運転見合わせ(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかくらまさと

Author:さかくらまさと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。